ご質問がおありですか?

monday.comで依存関係を設定する方法

monday.comで自動化に関連した開発を開始した時点で、主な目標は異なるタスク間の依存関係を作成する上での確実な基礎を築くことでした。では、まずは第一段階にあたる、期日の依存関係のご紹介です。🙌

 

注 :   このカラムは、プロプランとエンタープライズプランでご利用いただけます。 

 

 

依存関係カラムを追加する

期日の設定された、相互に依存関係のあるタスクはありますか?あるタスクが、別のタスクが完了するまで開始できないということはありませんか?こうしたときこそ「依存関係」カラムの出番です!「依存関係」カラムによって、タスク間に不可欠なつながりが生まれ、これはプロジェクト管理の改善に役立ちます。

最後のカラムの右側にある「+」アイコンをクリックしてカラムを追加し、「その他のカラム」を選択します。

image_1.png

「ボードのパワーアップ」セクションの「カラムセンター」から「依存関係カラム」を選択するか、検索バーで検索してください!

image_2.png

 

依存関係を設定する

カラムを追加するとすぐに、そのタスクが依存する時間カラムを選択するように求めるウィンドウがポップアップ表示されます。次のような任意の時間カラムを接続できます。

 ボードに複数の時間カラムがある場合は、ドロップダウンメニューからそのうちの1つを選択することができます。(以下の例のように)時間カラムが1つしかない場合は、新しい時間カラムを追加することを選択しない限り、その時間カラムが自動的に選択されます。 

image_3.png

カラムを提案したら、「カラムを接続」をクリックします。

カラムが接続されると、接続が成功したことを示す小さなリンクアイコンがカラム名の横に表示されます。これで、タスク間の依存関係を確認できるようになりました。依存関係を設定するには、依存関係カラムのセルをクリックします。

image_4.png

セルをクリックすると、ドロップダウンメニューが開き、ボード上の任意のタスクを選択できます。

image_5.png

注: 複数のタスクを選択できます。タスクは選択したすべてのタスクに依存します。

 

日付カラムまたはタイムラインカラムは、タスクに依存関係カラムを設定した後は、自動生成されないことにご注意ください。各タスクの依存関係が動作するためには、データカラムまたはタイムラインカラムが入力されていなければなりません。日付の設定がすべて完了していれば、日付が依存する日にちが変わるたびに自動的に変更された日付が表示されるだけです。

 

たとえば、「ウェストマウント大通りプロジェクト追跡」ボードは、建設プロジェクトの進捗状況を最初から最後まで追跡します。

 

 

プロジェクトの成功のためには必ず守るべき順序でプロジェクトを進めているので、ボードを日付順に整理しました。つまり、ボードの一番上には to-do リストの最初のタスクが表示され、一番下には最後の段階が表示されます。これを反映するようにタイムラインと依存関係を設定するために、各アイテムが前のアイテムに依存するように依存関係カラムを設定しました。これは、ボードの最初のタスクには依存関係がなく、2つ目のタスクは1つ目のタスクに、3つ目のタスクは2つ目のタスク...に依存していることを意味しています。依存関係のあるタスクが変更された場合のみ、変更が表示されます。

 

依存関係を自動化する 

依存関係カラムを追加すると、自動化がボードに自動的に追加されます。追加された自動化を確認するには、画面上部の「自動化」アイコンをクリックします。

image_6.png

追加された自動化により、他のタスクと依存関係にあるタスクはそれが依存しているタスクより先に開始されることはありません。

image_7.png

自動化は、タスクが遅延するたびに機能します。例えば、ウェストマウント大通り建設プロジェクトの「掘削および土工」段階が2週間遅れているとします。段階のステータスをまだ「完了」に変更しておらず、段階のタイムラインを2週間延長しました。この自動化により、次に来る「コンクリート打ち込みおよび骨組み」段階の開始日が自動的に2週間遅れます。

  • その他のレシピ

事前設定された自動化がニーズに合わない場合は、自動化センターにアクセスして、依存関係レシピから選択できます。

dep.png

 

注:ユーザーが以前に設定したことのない日付を入力する機能は、まだサポートされていません。依存関係レシピを正常にトリガーするには、すべての日付をタイムラインカラムまたは日付カラムに入力する必要があります。

 

依存関係を使用して週末をスキップする

これらの自動化レシピを使用すると、タイムラインカラムで週末をスキップすることはできますが、日付カラムではスキップできません。

週末をスキップするには、まず「管理者」設定でこれを設定する必要があります。そのために、アカウントの左下隅にあるプロフィール写真/アバターに移動します。「全般」見出しで、「アカウント」タブをクリックします。「タイムラインの週末」に「週末を非表示」オプションが表示されます。詳細については、こちらでご確認ください。

 

Frame_1__96_.png

 

依存関係レシピと使用事例

1. アイテムの{date}が常に{dependency}アイテムの日付よりも後に開始するようにします。

Phase1.png

この例では、上に示した「依存関係」カラムとレシピを使ってウォーターフォール型のワークフローとして維持しており、他のタイムラインが終了しないうちに開始するタイムラインがないようにしました。

time.png

 

2. アイテムの{date}を、{dependency}アイテムの日付の変更を反映するように調整します。

このレシピは、変更が行われた結果、依存関係にあるアイテムの日付を延期する必要がある場合に役立ちます。以下の例では、タイムラインの日付が「X」日後ろにずれた場合に、この日付に対して依存関係にあるアイテムもそれに応じて「X」日ずらされます。

time2_1.png  

重要な注意事項:同じボードで「確認」レシピと「調整」レシピの両方(1と2)を一緒に使用する場合は、同じ日付カラムを選択すると2つのレシピ間で競合が発生するため、他の日付カラムを追加する必要があります。

  

 

3.アイテムの{date}が常に{another date}よりも後に開始するようにします

8_1.png

 

この例では、「フェーズ A」の一連のタスクがあり、ワークフローの時系列順序を維持する必要があるとします。そうするには、「レビュー状況」の期日が常に「デザイン状況」の期日よりも後に開始する状態に保つ必要があります。この場合、以下の依存関係が関与します。

Frame_1.png

 

4. この他の日付の変更に合わせてアイテムの{date}を調整します。

この使用例では、すべてのタスクには互いに依存関係にある2つの日付カラムが存在します。上記のレシピを2つ目のレシピを追加した状態で使用({dependency}タスクの日付の変更に合わせてタスクの{date}を調整)することによって、すべての日付を変更に応じて依存関係に基づきずらせるワークフローを設定できました。

phase4_1.png

 

依存関係レシピ

  • タスクの日付が常に依存関係にあるタスクの日付よりも後に開始するようにします
  • タスクのこの日付が、常にこの他の日付が過ぎた後に開始するようにします
    • 注 : 「保証」レシピでは、タスクが依存する日付を前もって設定することが可能です。「保証」自動化は依存する日付に変更がなされた場合のみトリガーされます。
  • 状況が何かに変わった場合に、状況の依存関係の状況を何かに変更します
  • この日付を、同じタスクのこの他の日付に対する変更を反映するように調整します
  • タスクの日付を、依存関係にあるタスクの日付の変更を反映するように調整します

monday.comで提供している様々な自動化機能について詳しくお知りになりたい方は、こちらの記事 をご確認ください。

ご質問がございましたら、問い合わせフォームを使用して弊社のチームにお問い合わせください。24時間年中無休でお答え致します!