ご質問がおありですか?

上級のワークスペース権限

ワークスペース は、組織が1つの統合された場所で、複数の部門、チーム、プロジェクトをより適切に管理するのに役立ちます。 アカウントに組織の階層を提供し、あなたがアカウントをシームレスに拡大していくときにすべてを整理された状態に保つことができます。 

高度なワークスペース権限はエンタープライズ機能であり、アカウントの各ユーザーがワークスペースで何を実行できるかを管理できます。 これらの権限により、ワークスペースのコンテンツにアクセスできるユーザーを簡単に制御できます。 

ワークスペースの種類と、 管理者がアカウント内でユーザーが何を表示したり実行したりできるかを制御するための高度なアクセス権限については詳細をご覧ください。

 

csw.png

 

新しいワークスペースを作成するには?  

ボード上の先頭のワークスペースの上にさらにワークスペースを作成するには、ハンバーガーメメニューをクリックして「ワークスペースを作成」をクリックします。

image_34__1_.png

別の方法としては、ボードリストの下部にある「すべてのワークスペースを表示」に移動します。  

e2.png

 

そこで、ワークスペースの制限を設定できますー オープンまたはクローズドのワークスペースの場合です。 

 image_21__1_.png

 

さまざまなタイプのワークスペース   

高度なワークスペース権限により、チームは 2 種類の異なるワークスペース(オープンワークスペースとクローズドワークスペース)をセットアップできます。

ワークスペースを開く

  • チームメンバーは誰でもオープンワークスペースに参加できます。
  • チームメンバーは誰でも、すべてのオープンワークスペースのすべてのメインボードと、招待されているどのプライベート/共有可能なボードにもアクセスできます。

 

ワークスペースを閉じる

  • チームメンバーは誰でも 招待または参加リクエストによって参加することが可能です。
  • 参加すると、そのワークスペース内のすべてのメインボードと、招待されたプライベート/共有可能なボードにアクセスできます。
  • さらに、ワークスペースの一部ではなく特定のボードにサブスクライブしたその他のチームメンバーも、ボードにアクセスできます。 
  • クローズドワークスペースのメインボードは、ワークスペースに参加したチームメンバーのみがアクセスできます。
  • これらのワークスペースには、クローズドワークスペースを示すロック記号が付いています。  

 

注: 既に参加している又は招待されたワークスペースのみがボードリストに表示され、ものごとを整理して管理しやすくしています。 

  

Frame_1__10_.png

 

ワークスペースを作成できるユーザーを制限する 

デフォルトでは、すべてのチームメンバーがワークスペースを作成できます。アカウントの管理者は、誰がワークスペースを作成できるかを定義することができます  特別なレベルの制御を可能として、アカウントがいつでも整理された状態を保つことを保証しています。

これを行うには、アバターに移動し、次に「管理」に移動してから、「権限」に移動します。

Frame_1.png 

その他のボードとカラムの権限の詳細については、 こちらをご覧ください 。 

 

さまざまなワークスペースで誰が何を実行できるのか?

次のセクションでは、高度なワークスペース権限を持つユーザーの各レベルの違いについて説明します:

 

  • オープンワークスペースに参加

ゲストを除く、管理者や閲覧者を含むすべてのチームメンバーがこれを行うことができます。

 

  • クローズドワークスペースに参加

ゲストを除く、管理者や閲覧者を含むすべてのチームメンバーがこれを行うことができます。

管理者はアクセスをリクエストせずに参加できますが、チームメンバーと閲覧者は参加をリクエストする必要があります。

 

  • オープンワークスペースでメインボードを見る

すべてのチームメンバーは、すべてのオープンワークスペースのすべてのメインボードにアクセスできます。参加したワークスペースの場合、チームメンバーのボードリストにはすべてのメインボードが表示されます。 ただし、 ボルトスイッチ およびすべてを検索を介して、オープンワークスペースの他のメインボードに引き続きアクセスできます。

 

  • クローズドワークスペースでメインボードを見る

ワークスペースに参加したすべてのチームメンバーは、 その特定のボードに登録している他のチームメンバーと同様に、クローズドワークスペース内のすべてのメインボードにアクセスできます。

 

  • オープンおよびクローズドワークスペースでプライベート/共有可能なボードを表示

そのボードに登録しているチームメンバーのみがこれらのボードにアクセスできます。ゲストは、オープンワークスペースとクローズドワークスペースで招待されている共有可能なボードにのみアクセスできます。

 

注:   管理者は、招待されていないプライベート/共有可能なボードにはアクセスできません。 必要に応じてアクセスするために、これらのボードの所有権を取得できます。 詳細について  確認する

 

 

  ワークスペースに参加または退会するには?

ワークスペースへの参加は、ワークスペースの名前をクリックしてから、右上隅にある「参加」をクリックすることで実行できます。クローズドワークスペースには、「参加をリクエストする」オプションがあり、ワークスペースの所有者にそれを承認するように要求が促されされます。

ワークスペースに参加したら、同じボタンを使用して退会もできます。

Frame_1__4_.png

 

 

ワークスペースのユーザーを管理するには?

ワークスペース名をクリックすると、ワークスペースの所有者は、ワークスペースに参加しているすべてのチームメンバーがボードにアクセスできることを確認できます。 

その後、必要に応じてユーザーを追加または削除して、重要なチームメンバーを確保することができます。

image_22.png

その他のボードとカラムの権限の詳細については、 こちらをご覧ください 。 

 

ワークスペース間で誰がボードを移動できますか?

ボードの所有者とアカウントの管理者のみが所有しているボードをワークスペース間で移動できます。

メインボードをクローズドワークスペースからオープンワークスペースに移動すると、アカウント内のすべてのチームメンバーがそのコンテンツにアクセスできるようになります。メインボードをオープンワークスペースからクローズドワークスペースに移動すると、そのワークスペースの所有者であるチームメンバーのみがメインボードにアクセスできるようになります。

 

move.png

 

ワークスペースをカスタマイズするには?

各ワークスペースの所有者は、ワークスペースをカスタマイズして、より個人的に加工し、そのチームの性質を反映させることができます。 

カバー写真のカスタマイズは、ワークスペース名をクリックしてから、右上隅にある「カバーを追加」をクリックして実行できます。ワークスペースの背景色とアイコンをカスタマイズするには、ワークスペースアバターの「編集」をクリックします。

これらのカスタマイズされたアイコンがボードリストに表示されるので、さまざまなワークスペースを移動したり、他のチームと共同作業がこれまでになく簡単になります。

workspace__3_.gif

 

  

ご質問はありますか? [email protected] までお知らせください。喜んでサポートいたします:)