ご質問がおありですか?

タイムラインウィジェット

時間的制約のあるすべてのタスクを把握するための新しい方法をお探しですか?タイムラインビューは、あるボードのすべてのタスクを1か所に表示するための良い方法ですが、一度に1つのボードのタイムラインのみを表示できます。タイムラインウィジェットを使うと、複数のボードからタイムラインを取得して、それらをすべて単一のビューにまとめることができます。このウィジェットは、ワークフローを改善する上で必須のものです。ダッシュボードでの使用方法については、続きをお読みください。

ウィジェットを追加する方法

タイムラインウィジェットをダッシュボードに追加するには、ダッシュボードの左上隅にある「+ウィジェットを追加」をクリックして、「タイムライン」を選択します。

image_4.png

 

注:タイムラインウィジェットはタイムラインカラムまたは日付カラムに基づいているため、ウィジェットにデータを表示するには、まず1つ以上のカラムに日付とタイムラインを入力する必要があります。

 

設定方法

右側のパネルで、完全にカスタマイズ可能な設定を使ってタイムラインウィジェットを設定できます。設定の各カテゴリを見てみましょう。

  • ボードとグループ

まず、「ボード」では、ウィジェットに表示するボードを選択できます。「グループを選択」では、どのグループのデータを表示するかを選択できます。

中小企業にとって、新製品を稼働させることは企業拡大の重要な要素です。最も重要なプロジェクトとイベントをすべて含むタイムラインをダッシュボードに作成しましょう。タイムラインウィジェットに次の3つのボードを含めることを選択しました:

image_2.png

一番目のボードには、すべての新製品の発売週に関連するすべてのイベントと日付が表示されます。

image_4__1_.png

2番目のボードには、新しい石鹸の製造および発売の各段階のタイムラインが表示されます。

image_5.png

3番目のボードには、予定されたすべての会議が月別に表示されます。

image_6.png

製品やイベントを一つも除外しないように、最初の2つのボードからすべてのグループをまとめましょう。3番目のボードは月別にグループ化されているため、他のすべての月を除外して、今月のみをビューに含めることができます。

image_3.png

 

注:タイムラインウィジェットに表示されるすべてのアイテムは、アイテムが属するボードに応じて色分けされています。これらのサンプル画像では、このウィジェットで使用されている3つのボードに対応する3つの色を見つけることができます。

 

  • タイムラインカラムまたは日付カラム

複数のタイムラインカラムや日付カラムがある場合は、「タイムラインカラムを選択」でウィジェットに表示したいカラムを選択してください。3つのボード全体のすべての日付を含めるために、接続されている3つのカラムすべてを選択しました。タイムラインにサブアイテムをイベントとして表示するかどうかを選択できます。「サブアイテム」の日付カラムまたはタイムラインカラムの横にあるチェックボックスをオンにするだけで、ウィジェットにサブアイテムが表示されます。

image_7.png

サブアイテムは、親アイテムの色で輪郭が描かれた白色の長方形としてタイムラインに表示されます。サブアイテムにマウスカーソルを合わせると、サブアイテムであることを示すポップアップが表示され、サブアイテムが属するボードの名前が表示されます。

また、すべてのマイルストーンがダイヤモンド形でタイムラインに表示されます。タイムラインカラムにマイルストーンを追加する方法については、こちらの記事をご覧ください。

image_16.png

 

  • グループ化の条件

次に、日付とタイムラインをグループ化する方法を選択します。ボード上の任意のカラム別にグループ化できます。以下の例では、今後の月のすべてのイベントとタスクを、完了の責任者別に整理して表示するように、日付をユーザーカラム別にグループ化しました。ユーザーカラムを使用しているユーザーに割り当てられていないアイテムがリストの上部に黄色で表示されています:

image_8.png

ここでは、すべてのアイテムをステータスカラム別にグループ化することを選択しました。このようにして、今後のすべてのアイテムをステータス別に確認できます。右側のパネルでは、複数のステータスカラムを持つボードから表示したいステータスカラムを選択できます。特定のボードのあるステータスカラムを表示しないように選択することもできます。

image_10.png

ボードのサブアイテムを表示する方式を選択することもできます。以下では、サブアイテムを「親アイテム別に」グループ化することを選択しました。これにより、ボードのサブアイテムがタイムラインの親アイテムの下に整然と表示され、親アイテムの色で輪郭が描かれているため、簡単に識別できます。サブアイテムにマウスカーソルを合わせると、親アイテムの名前を示す小さな情報ボックスがポップアップ表示されます。

image_18.png

 

  • 色による分類

タイムラインは、アイテムが属しているグループに応じて、アイテムを自動的に色分けします。例えば、緑色のイベントが表示されると、それらが緑色のグループに属していることが分かり、紫色のイベントが表示されると、それらが紫色のグループに属していることが分かります。しかし、ドロップダウンメニューを使用して、色を付ける方式を選択できます。ボード、グループ(グループの色を使用)、ステータスカラム(ラベルの色を使用)、またはユーザーごとに色を付けることを選択できます。ボードに複数のステータスカラムがある場合は、どのカラムを使用するかを選択できます。

 Timeline_color_by.gif

 

  • その他の設定オプション

タイムラインウィジェットが提供するその他の素晴らしい機能を以下にご紹介します:

 

期間

カレンダーの左上で、期間を選択できます。ここでは、1日、1週間、1か月、または1年のすべての日付を表示するかどうかを選択します。以下の例では「月」を選択しました。画面をクリックしてドラッグすることで、カレンダーを左右にスクロールすると、異なる月が表示されます。

image_13.png

Excelにエクスポート

タイムラインの上部中央にある小さなグラフアイコンをクリックして、タイムラインをExcelにエクスポートできます:

image_14.png

 

ウィジェットを表示する方式を選択する

設定の概要を説明したら、ダッシュボードにこのウィジェットを表示する方式を選択できます。次のように表示できます:

  • ボードのすべてのアイテムをカレンダーに表示する「タイムライン」
  • すべてのボードのアイテムのグループを、各ボードで表示される方式で表示する「テーブル」。これは、複数のボードで日付とタイムラインを追跡した場合と、それらすべてをまとめて表示する必要がある場合に非常に優れたオプションです。
  • 「分割モード」(下の画像を参照)は、両方のビューを組み合わせて、カレンダービューにアイテムとボードの元のデータを一緒に表示できるようにします。

image_12.png

 

タイムラインをフィルタリングするには

ボードにすべての日付とタイムラインを表示したくない場合は、竜巻アイコンをクリックして不要な情報を除外できます。🌪

進捗を推進する必要のあるプロジェクトを確認するために、ステータスカラムで"未開始"によってフィルタリングしました。次回ダッシュボードを開いたときにこのビューに戻りたい場合は、「このウィジェットに保存」をクリックすると、フィルターメニューの「クリア」をクリックするまでウィジェットにはこのフィルターが引き続き表示されます。

image_15.png

 

 

ご質問がございましたら、 問い合わせフォームを使用して弊社のチームにお問い合わせください。24時間年中無休でお答え致します!

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください