ご質問がおありですか?

カレンダー統合の使用方法

カレンダー統合は、最も人気のある機能の1つです。その理由をご説明しましょう!monday.com アカウントにはすでに明確で整理されたワークフローがありますが、外部のカレンダー機能の会議やリマインダーはどうですか?すべてのアイテムとタスクを外部カレンダーと同期して、1 か所ですべてを確認する方法をご紹介します!  📆

さらに一歩進んで、外部のカレンダーにアラートリマインダーを設定すると、何があっても期日を逃すことがありません!Gmail、Outlook、iCal などでそれらを使用する方法については下記をご覧ください!

 

設定方法

まず、ボードに互換性のあるカラムの一方または両方が含まれていることを確認します。

日付カラム

1.png

タイムラインカラム

2.png

これらの新しいカラムにすべてのデータを入力したら、カレンダーを同期する準備の完了です!

ヒント:   タスクの時間を設定した場合、アラートリマインダーはリマインダーが必要な時間に正確に届きます!その方法については、こちらの記事をご確認ください!

 

Google カレンダーとの同期

ステップ1

日付またはタイムラインカラムの見出しの右側にある矢印をクリックしてカラムメニューを起動して、以下のように「カラム設定」をクリックします。

image_1.png

ステップ2

 Google カレンダーはデフォルトのカレンダーなので、「カラムをカレンダーに同期」の下に表示されています。ここで行うのは、以下のように「同期」をクリックすることだけです:

image_2.png

ステップ3

このウィンドウがポップアップし、「自分に割り当てられたタスク」のみを同期するか、「このボード上のすべてのタスク」を同期するかを選択できます。オプションを選択したら、「同期」をクリックするだけです!

image_3.png

これで、このメッセージが表示されれば設定した通りにすべてがうまくいったことがわかります。

image_4.png

ステップ4

タスクのリマインダーを有効にします!Google カレンダーの設定に移動し、「イベント設定」にある「デスクトップ通知」または「アラート」を選択します! 

 

Google カレンダー統合を削除する

いつでも、Google カレンダーから monday.com のタスクを削除したい場合は、次の簡単な手順に従うだけです:

ステップ1

このリンクをクリックして、Google カレンダーの権限設定を開きます。 

ステップ2

「アカウントにアクセスできるサードパーティアプリ」が表示されるまでスクロールし、「サードパーティアクセスの管理」をクリックします。

image_16.png

ステップ3

これらの設定を管理するには、「monday.com は Google カレンダーにアクセスできます」をクリックします。

image_17.png

ステップ4

これで、「アクセスを削除」をクリックするだけで、monday.com アカウントが Google カレンダーから切断されます!

image_18.png

 

Outlook カレンダーとの同期

ステップ1

前のセクションで行ったように、カラムの設定を開きます。 

ステップ2

「カラムをカレンダーに同期」には、Google カレンダーと他のカレンダーとの 2 つの同期オプションがあります。「その他のカレンダー」オプションから、monday.com 以外で使用するインターネットベースのカレンダーを追加できます!次に示すように、「他のカレンダー」の右側にある「同期」をクリックするだけです:

image_2.png

ステップ3

このウィンドウがポップアップし、「自分に割り当てられたタスク」のみを同期するか、「このボード上のすべてのタスク」を同期するかを選択できます。オプションを選択したら、「同期」をクリックするだけです!

image_6.png

ステップ4

これで、Outlook カレンダーで使用できる URL アドレスが生成されました!このリンクをコピーして、Outlook に切り換えます!

image_5.png

ステップ5

Outlook カレンダーで、メニューにある「ホーム」タブから「カレンダーを追加」を選択します。次に以下のスクリーンショットのように、「インターネットから...」をクリックします。

image_7.png

ステップ 6

ウィンドウがポップアップし、ステップ 4 で monday.com からコピーしたリンクを貼り付けて「OK」をクリックしてください!

image_8.png

注:  ボードは新規のカレンダーとして統合されます(左パネルで名前を変更できます)。カレンダーをより見やすく表示するには、カレンダーの名前の横にある矢印をクリックして、以下のように両方のカレンダーを同じビューに表示できます。

image_9.png

たったそれだけです!これで、すべての monday.com タスクが Outlook タスクと一緒に表示されます!

 

iCalendar との同期

前のセクションの手順 1 〜 4 に従って、iCalendar の同期に使用できる URL アドレスを取得します!このリンクをコピーして、iCalendar に切り換えます!

ステップ5

iCalendar を開いた状態で、コンピューターのツールバーの「ファイル」をクリックして、「新しいカレンダーサブスクリプション」をクリックします。

image_10.png

ステップ 6

これで、monday.com カレンダーの URL を下のフィールドに貼り付けて、「サブスクライブ」をクリックできます。

image_11.png

ステップ7

ポップアップウィンドウで、インポートしたカレンダーに名前を付けてその設定を更新できます( monday.com の更新内容からカレンダーが自動更新される頻度を含む)。最後に「OK」をクリックします。 

image_12.png

以上です!これで、左側のパネルにすべてのカレンダーが一覧表示され、一部のカレンダーの選択を解除して、表示するタスクをフィルタリングすることもできます!すべての monday.com のタスクがカレンダーに赤で表示されますが、カレンダーの名前を右クリックして色をカスタマイズすることができます!

image_14.png

タイムラインまたは日付カラムを外部のカレンダーと統合した後、次に到来するタスク期日に関するアラートをすばやく設定することができます。こうすることで、monday.com アカウントを開いていなくてもアラートがポップアップします!

外部カレンダーからリマインダーを設定するだけで、monday.com タスクのリマインダーがすべてその外部カレンダーに届きます!

 

うまく設定できたことを願っています!ご不明な点がございましたら、24時間年中無休の  カスタマーサクセスチーム までお気軽にお問い合わせください。  喜んでお手伝いいたします:)