ご質問がおありですか?

利用可能なすべての数式のリスト

 

数式カラムを使用すると、ボードのデータを使用して、単純な数式から複雑で高度な計算まで、あらゆるものを作成できます。この記事では、このカラムで提供されている利用可能なすべての関数式を見つけることができます。では、さっそく見てみましょう!⬇️

 

注:この記事では、現在利用可能なすべての数式をご紹介しています。数式カラムの使用方法の説明については、こちらの記事をご覧ください。また、数式の使用事例に関する記事でも、多くの役立つ例を確認できます!😊

 

知っておくべき重要なこと

数式フィールドの参照

カラム名は中括弧で囲む必要があります:SUM({apples},{oranges})

数式で括弧()を使用して、演算の順序を変更することができます:({Apples} + {Oranges}) / {Guests}

 

互換性のあるカラム

チェック、国、作成ログ、日付、依存関係、ドロップダウン、電子メール、数式、時間、アイテムID、最終更新日、アイテムへのリンク、長いテキスト、数字、ユーザー、電話、評価、、ステータス、テキスト、タイムライン追跡、投票、世界時計

サブアイテム名とサブアイテムの数もサポートされています。

 

互換性のないカラム

自動番号、カラーピッカー、ファイル、リンク、場所、ミラー、進捗状況の追跡、タグ、週、世界時計

 

テキスト関数

 

関数:CONCATENATE
説明:この演算子は、複数のテキスト値を単一のテキスト値に連結します。
例:CONCATENATE(“I”,”love”,”monday.com”)=> Ilovemonday.com

関数:LEFT
説明:左側から指定された数の文字を抽出します。
例:LEFT("monday.com", 3) => mon

関数:LEN
説明:指定されたテキスト文字列の文字数を返します。
例:LEN("hello") => 5

関数:LOWER
説明:指定された文字列を小文字に変換します。
例:LOWER("Some STRING") => "some string"

関数:REPLACE
説明:文字列の一部を新しい文字列に置き換えます。
例:REPLACE("Goat",1, 2,"Fl") => "Flat"

関数:REPT
説明:文字列を指定された回数繰り返します。
例:REPT("monday",3) =>mondaymondaymonday

関数:RIGHT
説明:指定されたテキスト文字列の右側からいくつかの文字を抽出します。
例:RIGHT("monday", 3) => day

関数:SEARCH
説明:文字列を別の文字列内で検索します。
例:IF(SEARCH("love", "I love monday", 1) > 0, "Exist", "Not") => "exist"

関数:SUBSTITUTE
説明:指定されたテキスト文字列内のテキストを照合して置き換えます。
例:SUBSTITUTE("goodmorning", "morning", "night") => goodnight

関数:TEXT
説明:指定されたテキスト形式に基づいて指定された値の形式を設定します。
例:TEXT(8500.6,"$#,##0.00")=> $8,500.60

関数:TRIM
説明:文字列から単語間の単一のスペースを除いたすべてのスペースを削除します。
例:TRIM(" I love MDY ") => "I love MDY"

関数:UPPER
説明:指定された文字列を大文字に変換します。
例:UPPER(“monday.com”) => MONDAY.COM 

 

論理関数

関数 : AND
説明 : 指定されたすべての論理条件が真であるかどうかを確認し、真である場合はtrueを返します。
例 : AND (3>1, 4>2) => True

関数:EXACT
説明:2つの値を比較して、同じ場合はtrueを返し、異なる場合はfalseを返します。
例:EXACT({Status},{Status})) =>TRUE

関数:IF
説明:条件を満たすかどうかを確認します。満たす場合は、最初の値を返し、そうでない場合は、他の値を返します。
例:IF({some columns}>100, “big deal”,”small deal”)

関数:OR
説明:引数のいずれかが真の場合はtrueを返します。
例:OR(3 >10, 4>2) => True

関数:XOR
説明:すべての引数の排他的論理和を返します。
例:XOR(3>0, 2>9) => True

関数:SWITCH
説明:特定の値について条件を満たすかどうかを確認し、満たす場合はその値の結果を返します。そうでない場合は既定の結果(存在する場合)を返します。パターンは次のとおりです:SWITCH({Column}, "val1", "result1", ["val2", "result2"], ..., ["default"])
例:SWITCH({Priority}, "High", 3, "Medium", 2, "Low", 1, 0) => 2 (優先度が"中"の場合)

 

数値関数

関数:ABS
説明:指定された数値の絶対値を返します。
例:ABS(-1) = 1

関数:AVERAGE
説明:指定された複数の数値の平均を返します。
例:AVERAGE(1,2,3) => 2

関数:DIVIDE
説明:ある数値を別の数値で割った値
例:DIVIDE(10,5)=> 2

 関数:COUNT
説明:数値項目の数を数えます。
例:COUNT(1, 2, "a") => 2

関数:LOG
説明:数値の対数を取得します。
例:LOG (16,2) => 4

関数:MAX
説明:データセットから最大値を返します。
例:MAX(1,3,5,9) => 9

関数:MIN
説明:データセットから最小値を返します。
例:MIN(1,3,5,9) => 1

関数:MINUS
説明:2つの数値の差
例:MINUS(5,3) => 2

関数:MULTIPLY
説明:2つの数値の積
例:MULTIPLY(5,2) => 10

関数:MOD
説明:指定された数値を除数で除算した結果の余りを返します。
例:MOD(10,3) => 1

関数:ROUND
説明:数値を指定桁数に丸めます。例:ROUND(1.123456, 2) => 1.12

関数:ROUNDUP
説明:常に数値の端数を切り上げます。
例:ROUNDUP(1.1,0)=> 2

関数:ROUNDDOWN
説明: 常に数値の端数を切り捨てます。
例:ROUNDDOWN(1.1,0)=> 1

関数:SQRT
説明:正数の正の平方根。
例:SQRT(9) => 3

関数:SUM
説明:指定されたすべての数値を合計します。
例:SUM(2,3,8) => 13

関数:POWER
説明:累乗された数値
例:POWER(2,3) => 8

 

日付および時刻関数

関数:ADD_DAYS
説明:指定された日付に日数を加えます。新しい日付を返します。  
例:ADD_DAYS("2019-01-20", 5)
ADD_DAYS(TODAY(), 5)
FORMAT_DATE(ADD_DAYS("2019-01-20", 5) => "2019-01-25

関数:DATE
説明:指定されたパラメーターの値を返します。
例:DATE(2018,5,30) => Wed May 30 2018 

関数:DAY
説明:指定された日付の月の日数を返します。
例:DAY({created at}) => 31

関数:DAYS
説明:2つの日付間の日数数を返します。
例:DAYS({end date column name}, {start date column name}) => 2つの日付間の日数差

関数:FORMAT_DATE
説明:形式設定された日付を返します。
例: FORMAT_DATE(TODAY()) => "Feb 16, 2020" (デフォルトの形式を使用)
FORMAT_DATE(TODAY(), "YYYY-MM-DD") => "2020-02-16"
FORMAT_DATE(TODAY(), "dddd, MMMM Do YYYY") => Sunday, February 16th 2020

関数:HOUR
説明:0(12:00 A.M.)から23(11:00 P.M.)までの数値として時間を返します。
例:HOUR(NOW()) => 23 (現在が23:00~23:59の場合)

関数:HOURS_DIFF
説明:2つの時間カラムの差を返します。
例:HOURS_DIFF("23:00", "20:00") => 03:00

関数:WORKDAYS
説明:2つの日付間の休業日数の差を返します。例:WORKDAYS({TO_DATE},{FROM_DATE} ) => 2つの日付間の休業日数の差

関数:MINUTE
説明:0から59までの数値として分を返します。
例:MINUTE(NOW()) => 10 (現在が23:10の場合)

関数:MONTH
説明:指定された日付の月を返します。
例:MONTH({created at}) => 7

関数:SECOND
説明:0から59までの数値として秒を返します。
例: SECOND(NOW()) => 1 (現在が23:00:01の場合)

関数:SUBTRACT_DAYS
説明:指定された日付から日数を引きます。新しい日付を返します。  
例:SUBTRACT_DAYS("2019-01-20",5)
SUBTRACT_DAYS(TODAY(),5)
FORMAT_DATE(SUBTRACT_DAYS("2019-01-20", 5) => "2019-01-15

関数:TODAY
説明:現在の日付を取得します。例:TODAY() =>05.07.2018

関数:WEEKNUM
説明:指定された日付の年間週番号を返します。
例:WEEKNUM({created at}) => 42

機能 : ISOWEEKNUM
説明 : ISO 標準に基づいて、特定の日付に関する年間週番号を返します。
例 : WEEKNUM(wysiwyg-color-black70) => 42

関数:YEAR
説明:指定された日付の年を返します。
例:YEAR({created at}) => 2018

 

定数

関数:PI
説明:円周率値(3.14159)
例:PI() =>3.14159

関数:TRUE
説明:真の論理値
例:IF(3>5 = TRUE, “a”,”b”) => “b”

関数:FALSE
説明:偽の論理値
例:IF(3>5 = “FALSE”, “a”, “b”)=> “a”

 

数式の使用事例

数式カラムの用途はたくさんあります!数式カラムを役立てる方法については、数式の使用事例に関する記事をご覧ください。また、以下のボードで、数式カラムの最も一般的な使用事例をご覧いただけます:

 

さらにご質問がございましたら、弊社までご連絡ください!コミュニティの FAQ で、計算式を確認したり、 連絡フォームを使って弊社のチームまでお問い合わせください。24時間年中無休でお答え致します!