ご質問がおありですか?

「数式」カラム

 

 

Excelの式が見つかりませんか?ご安心ください。式カラムはまさにその目的のために作成されたものです。単純な数式からより複雑な式まで、ほぼすべての計算が可能です。弊社が提供する関数を使用すると、スタンドアロンの計算を作成したり、他のカラムからデータを取得して必要な情報を提供したりできます。🙌

注:  この数式カラムの機能は、プロ・エンタープライズプランでのみご利用いただけます。プロプランをご利用のお客様がアカウントをダウングレードした場合、作成した数式カラムはそのまま残りますが、数式カラムを追加することができなくなります。

 

追加方法

このタイプのカラムを追加するには、ボードの右上にある「+」アイコンをクリックし、表示されるドロップダウンメニューから「式」を選択します:

Group_23__2_.png

 

機能の詳細

式カラムを追加すると、式ビルダーが自動的に開きます。式ビルダーを終了した場合は、カラム内の任意の場所をクリックするだけで、式の作成を開始できます。

計算式ビルダーでは、まずボード上のカラムリスト(それをあなたが作成した計算の中で使うことができます)があり、次に利用可能な提供機能のリストを見ることができます。式を作成するために、利用可能な関数のいずれかを使用するか、従来の数学記号を使用できます。

CPT2108111433-1301x734.gif

関数にマウスカーソルを合わせると、関数の説明とその使い方の例が画面に表示されます:

Group_23__3_.png

計算式を追加するためには、計算式カラム内にあるセル内をクリックして、計算式を入力します。こちらから、必要な計算式を作るためにボード上のカラムや様々な機能を使うことができます

CPT2205171256-1142x575.gif

 

会社の予算追跡ボードを例にしてみましょう。ここでは、簡単に弊社の実績が予算オーバーか予算内で割り当てられたかどうかを示しています。弊社では、この情報を一目で見れるように、以下の計算式を使いました!

CPT2205171259-1126x591.gif

計算式 : IF ({Budgeted}>{Actual Spending},"予算オーバー","予算内")

 

この色は何を意味しているのでしょうか? 

数式内の特定の部分(関数、列、句読点)がエディタ内で色付けされていることにお気づきでしょうか?れを「シンタックスハイライト」と呼び、数式を簡単に組み立てることができ、数式内の潜在的なエラーを防ぐ、または気づくことができるようにします。赤色表示は、計算式に誤りがあることを示します。

例えば、以下の計算式で、「予算」カラムから「実際の支出」カラムを引き算しようとする場合について考えてみましょう。

Group_23.png

ここで、数式の最後に赤い括弧があることがわかる。その理由は、その括弧は冗長であり、必要ないからです。最後の括弧を消せば、この数式は完成します。🙌

ヒント: 以下の「一般的なルール」のセクションで、数式での受信エラーを防ぐ方法について確認してください!

 

一般的なルール

  • 角括弧の使用

式を作成するときに、カラムの値を関数に取り込むために、そのカラムを参照する必要がある場合があります。そのためには、参照しているカラムの名前を次の記号に含める必要があります:{{}}

ボードに表示されているとおりにカラムの名前を使用することが重要です。このカラムの例では:

image_40__1_.png

「{Estimated SP}」と入力してください。例:

SUM({Estimated SP},10)

これにより、「Estimated SP」カラムの値が取得され、その値に10が加えられます。

 

  • 値では大文字と小文字を区別する

大文字と小文字が区別されるかのように値を扱います。従って、カラム名が「Estimate SP」の場合は、式で大文字のE、大文字のS、大文字のPを使用してください。

こちらが正解です: SUM({Estimated SP},10)

こちらは不正解です: SUM({estimate sp},10)

注: このルールは、ステータスラベルを参照する式を作成する場合に特に当てはまります。

 

 

  • カンマは動的に使用

式カラムでカンマを使用する場合、カンマ記号は関数によって異なるものを表します。上記の式を例に取ってみましょう。この式で:

SUM({Estimated SP},10)

カンマは、「+」とも呼ばれる加算記号を表します。

次の関数で:

MULTIPLY({Estimated SP},2)

カンマは、「x」とも呼ばれる乗算記号を表します。 

IF関数を使用する場合、カンマは条件文の各コンポーネントの区切りを表します。これについては後で詳しく説明します。

 

  • 丸括弧の使用

文を開くときは、文を閉じることも忘れないでください。文を(で開き、)で閉じます。例:

MULTIPLY(SUM({Estimated SP},10),2)

上記の式は、「Estimated SP」カラムの合計に10を加えた値を取得して2を掛けます。

 

  • 引用符の使用

文がステータスラベルやテキストカラムなど、あらゆる種類のテキストを読み取る場合は、テキストを引用符で囲む必要があります。例えば、次の式は、テキストカラムで"Yes"という単語を検索します:

IF({Text}="Yes","Awesome!","Too bad.")

image_39.png.

 

  • 式の書式設定

テキストエディタを使用して式を記述した後コピーアンドペーストすると、式ビルダーはそれを不正な式として読み取ります。引用符とカンマの書式設定は、式の有効性に影響を与える場合があります。以下の引用符を見てください。

こちらが正解です: IF({Text}="Yes","Awesome!","Too bad.")

こちらは不正解です: IF({Text}=”Yes”,”Awesome!”,”Too bad.”)

 

  • 小数の使用

小数を掛けるときは、常に小数の前に0を含めてください。そうしないと、式は"不正な式"エラーを返します。

こちらが正解です: MULTIPLY(10,0.25)

こちらは不正解です: MULTIPLY(10,.25)

 

互換性のあるカラム

Excelの数式と同様に、数式カラムには独自のロジックがあります。しかし、ご安心ください!私たちがお手伝いいたします。互換性のあるカラムとないカラムは以下の通りです。

互換性のあるカラムを表示する

互換性のあるカラム

  • 国、作成ログ、日付、依存関係、ドロップダウン、電子メール、式、時間、タスク ID 、最終更新日時、ボードを接続(以前は「タスクへのリンク」でした)、長いテキスト、数字、ユーザー、電話、評価、ステータス、テキスト、タイムライン、時間計測、投票、世界時計をご確認ください
  • サブタスク名とサブタスク数もサポートされています。 

互換性のないカラム

  • 自動採番、カラーピッカー、ファイル、リンク、ロケーション、ミラー、進捗追跡、タグ、週

 

制限事項

1.追加した式は、カラム全体に適用されます。

2.式カラムはボードを水平方向に読み取ります。つまり、垂直方向に計算を実行することはできません。

3.式カラムは他のカラムセルからデータを読み取ることができますが、カラム概要やボードの他の領域からはデータを読み取ることができません。

4. また、他のボードを読み込むことができないので、VLOOKUPのような機能は現時点では不可能です。

 

IF関数

IF関数は、最も一般的に使用される式タイプの1つであり、条件文を作成するのに使用されます。条件文についてよく知らない場合は、以下をご覧ください!IF文は、2つの値のいずれかを返すか出力します。以下の例を見てみましょう:IF(a=true,b,c)

 

簡単に言えば:

aがtrueの場合、bを返します。

aがfalseの場合、cを返します。

 

結果は、式がbまたはcの値を返すかどうかに関係なく、aがtrueであるかどうかを条件とします。

 

ボードと式カラムを使用する例を見てみましょう。この例では、タスクが完了すると式カラムは「“YAY!」を読み取ります。タスクが完了していない場合は、式は「Not yet…」を表示します。これを実現するには、次の式を使用します:

IF({Status}="Done","YAY!","Not yet...")

この式の結果を見てください:

image_38.png

上記の結果から分かるように、"Done"になっていないラベルには"Not yet..."が表示されています。"Working on it"ラベルが"Almost."を出力するように、式カラムに追加するIF文は、元の文から作成する必要があります。

IF({Status}="Done","YAY!","Not yet...")

以下のIF文になります:

IF({Status}="Done","YAY!",IF({Status}="Working on it","Almost.","Notyet..."))

つまり:IF(a=true,b,IF(c=true,d,e))

 

簡単に言えば:

aがtrueの場合、bを返します。

cがtrueの場合、dを返します。

aとcがfalseの場合は、eを返します。

 

IF()文のネストを際限なく利用できます。しかし覚えておくべきことがあります!丸括弧を開くときはいつでも、それを閉じることを忘れないでください。丸括弧の使い方を説明する例については、上記の式の丸括弧を参照してください。

注:IF関数の詳細については、この記事をご覧ください。

 

カスタマイズ

数字カラム と同様に、各グループの全体計算を見ることができます。また、以下のように単位や機能を変更することができるようになります。

Group_23__1_.png

注:合計では数値だけが扱われます。カラムに数値とテキスト値の両方がある場合、サマリーは数値のみをカウントします。Lea123のような混合値は、合計で考慮されません。すべての値が数値でない場合、サマリーはN/Aを返します。

 

使用事例 

数式カラムの可能性は無限です!数式カラムがどのように役立つかを知りたい場合は、数式のユースケースに関する記事や、以下のボードをご覧ください。

使用可能なすべての関数のリストについては、式ライブラリをご覧ください。

 

式を着実にマスターできています!さらにサポートが必要でしたら、定型事例の記事をご覧いただくか、連絡フォームをご利用いただき、弊社チームまでご連絡ください。24時間年中無休でご対応させていただきます! 

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください