ご質問がおありですか?

monday.com の自動化機能

 
手作業での仕事が多すぎると感じることはありませんか?monday.com をご利用いただき、最初にプログラミングを学ぶのではなく、便利な機能を活用してみてください。きっと気に入っていただけるはずです 🍀
 
自動化によって、monday.com 内のイベント(状況の変更など)を使用して、 (ステータスの変更のように)アクション(通知の送信など)をトリガーできます。これは皆さんの選択肢として monday.com で作成した、事前定義済みの自動化フローを使って行われます。操作方法については、続きをお読みください!
 
 
ヒント:   こちらから自動化のウェビナーを見ることができます  :)
 

 

自動化レシピを追加するには?  

自動化を追加するには、自動化を作成するボードに移動して画面右上にある「自動化」ボタンをクリックします。
 
auto.png
 
 
以下のように自動化センターにアクセスしていただけます。
 
 
aut.png
 
 

自動化レシピとは何ですか?

自動化のレシピとは、monday.com からご提供しているトリガーとアクションを組み合わせたもので、ユーザーの皆さんはご自分のニーズにぴったり合うようにレシピの各側面のパラメーターをカスタマイズできます。簡単な例を見てみましょう {status}が{something}の場合は、{notify} {someone} {every time period} です。プラットフォームでは、これは次のように見えます。
 
 
status.png
 
このインスタンスでは、トリガー は特定のラベルに変わる特定のステータスカラムで、皆さんがご自分で選ばれた両方のパラメーター(つまり、このステータスカラムとこのラベル)です。このトリガーによってアクション (関連付けられた担当者に皆さんに決めていただいた通知が送信されます )が発生します。
 
皆さんの選択肢として、たくさんのフローを作成しました。これらを活用して、monday.com アカウント内で役立つ自動化をたくさん作成していただけます。
 
 

どのように機能するのですか?nbsp

自動化レシピを選んだら、パラメーターを追加する必要があります。レシピの中で下線付き の箇所がパラメーターです。monday.com では、お客様の成功チームがバグを報告できるバグキューボードがあります。 
 
automations.png
 
バグに完了マークが付けられると、バグの報告者に通知されるようにします。以下の自動化を設定します。 
 
image_1.png
 
 
「通知」パラメーターをクリックすると、通知する内容を入力することができます。通知エディターの下部にある青色のボタンをクリックすると、アイテム名とボード名などの変数を通知に追加することができます。
 
stats.png
 
 
完了したら、 「ボードに追加」をクリックして 自動化をオンにします。  完了しました!最初の自動化は起動状態です。  🎉
これで、バグが修正されるたびに、報告者は通知を受け取り、それに応じてクライアントに通知できるようになります。 
 
 

その他の自動化リソース

特定の種類のトリガーとアクションをお探しですか?以下は自動化リソースのリストです。 
 

何がマッピングされたのですか?

自動化レシピを使用して、1つのボードまたはクロスボードにアイテムを作成していますか?  マッピングを使用すると、ボード上で以前に作成したアイテムから新しい動的アイテムに変換する特定のカラムデータを選択することができます。下線付きの{item}フィールドがあるレシピのどこでもマッピングが指定できます。

たとえば、毎週月曜日にボードで作成する必要がある定期的なタスクがあるとします。 

Frame_1.png

各カラムにどの情報を作成するかを指定するレシピの{item}フィールドにマップできます。

auto.gif

 

 

マッピング用語

  • 動的フィールド

現在の{item}から新しい{item}にプルできる、ボード上のカラム固有のデータが自動的に作成されます。動的フィールドは、右側の青いプラス記号で指定されます。

  • 静的フィールド

灰色のボックスで指定されたもの、これはマッピングできない情報です。代わりに、値が追加されると、追加された各自動{item}と同じになります。次の例では、名前、人、ステータス、日付、および電子メールをマッピングできますが、時間の追跡と場所はマッピングできません。

 

Frame_1.png

 

注:  クロスボードを動的にマップするには、両方のボードに絡むが存在する必要があります。

 

自動化カラムのサポート 

現在、以下のカラムタイプは、通知自動化の「通知」フィールドでサポートされているものではないです。

  • 数式
  • 自動採番
  • 進捗状況
  • 依存関係
  • アイテムへのリンク 

以下のカラムタイプは現在、アイテムのマッピングで サポートされていません     

  • タグ
  • ミラー
  • ドロップダウン
  • 所要時間計測
  • 依存関係
  • アイテムへのリンク
  • 場所
  • 世界時計
  • 電話番号
  • ファイル
  • リンク
  • チーム
  • 投票

 

自動化を編集または削除するには?

ボードに自動化を追加したら、スイッチアイコンを使って自動化のオンとオフを切り替えることができます。鉛筆アイコンを使って自動化を編集したり、ごみ箱アイコンを使って完全に削除したりすることもできます。
 
delete.png
 
注: オートメーションストアでオンになっている限り、ボードとテンプレート間でオートメーションを複製できます。 あなたがアイテムにフィールドをマップできるクロスボード、時間追跡、繰り返し、並びにどのオートメーションも、ボードの複製やテンプレート化する際にはサポートされません。 

 

オートメーションが無効になっているのはなぜですか?

自動化のレシピに問題がある場合は、次の記事「自動化が無効になっているのはなぜですか? 」を必ず確認してください
 
 

ご質問がございましたら、カスタマーサポート [email protected]までお気軽にお問い合わせください。

フィードバックがありますか?他のチームがワークフローの一部として自動化をどのように使用しているか見てみたいですか?monday.com のコミュニティーをご確認ください