ご質問がおありですか?

「時間追跡」カラム

それぞれのタスクにどれくらいの時間を費やしているのだろうかとお考えですか?時間計測カラムによって、所要時間を追跡する機能をご利用いただけるようになりました!⏰

Note: This feature is only available for the Pro and Enterprise plans.

 

 

How to add the Time Tracking Column

追加するには、ボードの右上にある + アイコンをクリックして、「カラムセンター」を選択します。

image_2__7_.png

 

Once in the column center, select the option "time tracking" as in the screenshot below:

timetracking2_en-us.png

 

How the Time Tracking Column works

タスクを開始するたびに「再生」をクリックしてタイマーを開始するだけです。任意の時点で停止して、再開することもできます。

timetracking3_en-us.png

Note: The timer activity of each item can be found in the Activity Log.

 

You can also choose to add in a range of time manually by clicking into a cell within the Time Tracking Column and selecting 'Add session manually':

Frame_1__81_.png

Note: Keep in mind that you can't enter future values!

 

How to get a Time Tracking log history

Clicking into a specific time tracking cell will open the Timeline history and log.

timetracking4_en-us.png

You can easily view the progress of each task and the time intervals. All of the entries can be manually edited. Just click on the time and you will have the option to enter a different time and date. Edited values will turn red.

timetracking5_en-us.png

Hovering over an entry in the time tracking log will reveal an X to the right of the time, allowing you to delete the entry if you wish. 

 

Tracking time in Subitems

If your items or tasks have smaller steps within them which need to have their time tracked, you may consider adding the Time Tracking Column within the Subitems on your board! In order to do this, simply open up a Subitem and add in the Time Tracking Column just as you would for a normal item on your board.

image_1__30_.png

 

Get a visual overview of time tracked in the Subitems

In order to easily see a summary of the total time tracked within the subitems, you can choose to aggregate the subitem time tracking column data directly into the parent item. To do this, open up the Time Tracking Column settings from within the Subitems, and select "Show Summary on Parent Item":

captured__93_.gif

 

時間追跡カラムをExcelにエクスポートする方法は?

時間追跡カラム全体をExcelにエクスポートするには、カラムのドロップダウンメニューをクリックし、「カラムのデータをExcelにエクスポート」を選択します。これによりカラム全体のデータを簡易レポートの作成用に、1つのスプレッドシートにエクスポートできます。

timetracking6_en-us.png

カラム全体をExcelにエクスポートする場合は、アイテム名、時間追跡を記録したユーザー、アイテムレベルとボードレベルでの合計時間などの全詳細情報が表示されます。

timetracking7_en-us.png

 

カラム全体ではなく、時間追跡カラム内の単一のアイテムをExcelにエクスポートすることもできます。これを行うには、時間追跡カラム内のアイテムをクリックして、「時間追跡」ウィンドウの右上で「Excelにエクスポート」を選択します。

timetracking8_en-us.png

このオプションでは、この特定アイテムの詳細情報のみがExcel形式のスプレッドシートにエクスポートされます。

timetracking9_en-us.png 

Excelに関するインポートとエクスポートの詳細については、こちらの記事をご確認ください。

 

Calculations with the time tracking column

monday.comでご用意している数式カラムは、時間追跡カラムに対応しています。これは特に、残り時間または請求レートを計算する必要がある場合に便利です。

Note: ROUND(MULTIPLY(({Billable}/3600),{Hourly Rate}),1)

 

timetracking10_en-us.png

数式カラムの詳細については、こちらの記事をご確認ください。

他にもご質問がございましたら、カスタマーサポート support@monday.comまでお気軽にお問い合わせください。