ご質問がおありですか?

時間追跡カラム

 

各タスクにどれくらいの時間をかけているか、気になりませんか?時間追跡カラムで、所要時間を追跡できるようになりました!⏰

注: この機能は、プロおよびエンタープライズのプランでのみご利用いただけます。

 

時間追跡カラムの追加方法

追加するには、ボードの右上にある + アイコンをクリックして、「カラムセンター」を選択します。

Add Time Tracking.png

 

最初に一度、以下のスクリーンショットに示すようにセンターで「時間追跡」オプションを選択します。

Group_16__3_.png

 

時間追跡カラムのしくみ

タスクを開始するたびに「再生」をクリックしてタイマーを開始するだけです。任意の時点で停止して、再開することもできます。

Time Tracking PlayPause.gif

 

注:各アイテムのタイマーアクティビティは、アクティビティログで確認できます。

 

時間追跡カラムのセルをクリックして、「手動でセッションを追加」を選択することでも、手動で時間の範囲を追加することが可能です。

Time Tracking Manual Entry.png

 

注: 未来の値は入力できない点にご注意ください!

 

時刻の表示方法を選択する

デフォルトでは、時間追跡カラムは追跡された時間を秒単位で表示します。ただし、この機能をオフにして、表示される時間を分単位にすることも可能です。

時間追跡カラムのタイトルの横にある下向きの矢印をクリックし、「カラム設定」を押してください。そこから、「秒数を表示する」ボックスのチェックを外せばOKです。

Time Tracking Hide Seconds.gif

 

時間追跡ログの履歴を取得する

特定の時間追跡セルをクリックすると、時間追跡カラムの履歴とログが開きます。

Time Tracking Log.png

 

各タスクの進捗状況を簡単に閲覧できます。 すべての入力内容は手動で編集できます。時間をクリックするだけで、別の時間と日付を入力するためのオプションが表示されます。 編集が完了した値は赤色に変わります。

Time tracking Manual Entry Red 2.png

時間追跡ログのエントリにカーソルを合わせると、時間の右側にXが表示され、必要に応じてエントリを削除することができます。 

 

サブタスクの時間追跡

アイテムやタスクの中で時間を追跡しなければならない手順がある場合は、ボードのサブアイテム内に時間追跡カラムを追加することをお勧めします。これを行うには、サブアイテムを開き、ボードに通常のアイテムを追加するように時間追跡カラムを追加します。

Time Tracking Subitem.png

 

サブタスクで追跡された時間の概要を視覚的に把握

サブアイテム内で追跡された合計時間のサマリーを簡単に確認するにには、サブアイテムの時間追跡カラムのデータを親アイテムに集約することもできます。これを行うには、サブアイテム内から時間追跡カラムの設定を開き、[親アイテムのサマリーを表示] を選択します。

Time Tracking Subitem Total.gif

 

時間追跡カラムを Excel にエクスポートする方法は?

時間追跡カラム全体を Excel にエクスポートするには、カラムのドロップダウンメニューをクリックし、「カラムのデータを Excel にエクスポート」を選択します。これによりカラム全体のデータを簡易レポートの作成用に、1つのスプレッドシートにエクスポートできます。

Time Tracking Export.png

 

カラム全体を Excel にエクスポートする場合は、アイテム名、時間追跡を記録したユーザー、アイテムレベルとボードレベルでの合計時間などの全詳細情報が表示されます。

timetracking7_en-us.png

 

カラム全体ではなく、時間追跡カラム内の単一のアイテムを Excel にエクスポートすることもできます。これを行うには、時間追跡カラム内のアイテムをクリックして、[時間追跡] ウィンドウの右上で [Excel にエクスポート] を選択します。

Time Tracking item Export.png

このオプションでは、この特定アイテムの詳細情報のみが Excel 形式のスプレッドシートにエクスポートされます。

timetracking9_en-us.png 

Excel に関するインポートとエクスポートの詳細については、こちらの記事をご確認ください。

 

タイムトラッカーの合計を作成する

時間追跡カラムは自動的に合計されませんが、グループサマリーで全アイテムの合計時間を確認したい場合は、数式カラムを使用します!

Time Tracking Add Formula Column.png

 

以下の例では、クリエイティブ・エージェンシーが数式カラムを使用して、チームメンバーがさまざまなデザインプロジェクトに費やした時間の合計を作成しています:

 

数式:{Time Tracking#Hours}

 

Time Tracking Formula Total.gif

 

ヒント:ROUND() 関数を追加し、関数の第2引数に小数点以下の桁数を指定することで、上記の合計を小数点以下第2位まで四捨五入することもできます。 ROUND({Time Tracking#Hours},2)

 

時間追跡カラムによる追加計算

数式カラムと時間追跡カラムを関連付けることで、さまざまなプロジェクトに費やされた時間の概要を把握することができます。 

  • 分単位の追跡 

使用される数式は、異なる時間単位を捕捉するために適応させることもできます。短編映画の上映時間を計算する場合など、作業中のプロジェクトで分数の合計を記録する必要がある場合:

数式:ROUND({Short Film Length#Minutes},1)

 

Time Tracking Formula Total Minutes.gif

 

注:  時間追跡カラムに進行中のセッションがある場合、数式は自動的に更新されず、変更された時間が反映されます。セッションが一時停止されると、数式はこの新しいセッションを含むように調整されます。

 

  • 請求可能時間の追跡

時間追跡カラムは、異なるデザインに費やした請求可能時間を追跡するために使用することができます。この情報は、プロジェクト終了時に各クライアントの総コストを計算するために使用されます。ボードに、このプロジェクトで請求される時間給を示す別のカラムがあるとします:

数式:ROUND(MULTIPLY({Time Tracking#Hours},{Hourly Rate}),0)

 

Time Tracking Formula Billable Hours.gif

 

注: 数式カラムを追加することで、時間追跡カラムに保存された情報を使って多くの便利な計算ができるようになります。使用可能な数式の例については、数式カラムで使用可能な関数をご覧ください。

 

ヒント:高度な時間追跡に便利な3つの統合アプリがあります。
  • Tracket
  • 時間レポートソリューション
  • TMetric 

これらのアプリは、monday.com マーケットプレイスからアクセスできます。 

 

 

数式カラムの詳細については、こちらの記事をご確認ください。

 

 

 

ご不明な点がございましたら、こちらから担当チームにお問い合わせください。24時間年中無休でお答え致します。