ご質問がおありですか?

コネクトボードカラム

 

「コネクトボード」カラムを使用すると、カラムを別のボード(あるいは複数のボード)のタスクに簡単にリンクさせることができます。このカラムは、特に情報を異なるボード間に接続したり、ワークフローに相互に関係のあるボードが含まれている場合に便利です。

例えば、ボードの顧客名リストは、別のボードにある顧客のオーダー情報に接続することができます。これにより、顧客に関連するオーダーを探し回る必要はありません(情報はそこにあるのですから)!このカラムについては、非常に多くの可能性があります!その仕組みについては、以下をお読みください。👇

 

追加する方法

「コネクトボードカラム」を追加するには、ボードの右上にある+アイコンをクリックします。表示されるドロップダウンメニューから、次のように「ボードを接続」を選択します :

Screen_Shot_2021-04-20_at_17.01_1.png

注 :  ドロップダウンメニューにこの種類のカラムが表示されない場合は、「その他のカラム」ボタンをクリックしてカラムセンター全体にアクセスし、この種類のカラムを検索してください。

 

機能の詳細

ステップ1

「コネクトボードカラム」をボードに追加すると直ちに、どのボードにリンクしたいのかを促す画面がポップアップします。

image_3__3_.png

ステップ2

青い「ボードを選択」ボタンをクリックして、接続したいボード(または複数のボード)を選択します。この例では、現在のボードを使って、複数の異なるプロジェクトボードから概要を取得しています。つまり、ボード「プロジェクトA」、「プロジェクトB、さらに「プロジェクC」を「プロジェクト概要ボード」に接続します。

CPT2108021123-1299x730__2_.gif

 

 ステップ3

3つのプロジェクトボードを選択したら、接続されたボードの「コネクトボードカラム」を自動的に生成する方法もあります。これによって、2方向接続(双方向のリンク)が使えるようになります。

Screen_Shot_2021-08-02_at_15.48_1__1_.png

以下の画像では、「プロジェクトA」のボードを、再び「プロジェクト概要ボード」にリンクします。

この方法を選択した場合、接続されたボードに作成したアイテムのリンク(これについては、ステップ4で振り返ります!)は、こちらに自動的に作成されます。ボードを手動で同期させるために、ボード間を行ったり来たりする必要はありません。1つのボードで加えた変更は、接続されているボードにも反映されます。

Screen_Shot_2021-04-21_at_10.21_1.png

 

ステップ4

良いですね。弊社の「プロジェクト概要ボード」は、3つのプロジェクトボードに接続されました!ここで、接続されたボードからの特定のアイテムを「プロジェクト概要ボード」のアイテムにリンクしましょう。 

これをするには、「コネクトボードカラム」のいずれかのセルをクリックして、接続されたボードから選択するアイテムをいくつか表示することができます。「コネクトボードカラム」のセルそれぞれにリンクさせるためには、このまま進んで、1つ以上のアイテムを選択します。

CPT2104211041-1304x716.gif

 

この例のように複数のボードが「コネクトボードカラム」を介して接続されている場合、アイテムを選択する特定のボードを選択することができます。 

Screen_Shot_2021-04-21_at_10.47_1.png

さらに、接続されたボード各々から簡単にアイテムをリンクして、ご希望があればすべてを1つにまとめることもできます。

CPT2104211050-1300x711.gif

接続できたら、カラム内のセルのいずれかをクリックすると、接続されたボードからリンクされたアイテムが表示されます。

Screen_Shot_2021-04-21_at_15.47_1.png

各プロジェクトの横には今、関連するアクティビティ名が接続されたボードから取得されます。以下のスクリーンショットのように、複数のタスクを選択した場合、カラムにはリンクされているタスクの数が表示されます。マウスカーソルを合わせると、リンクされているタスクの名前が表示されます。

image_1__20_.png

それではありません !以下をお読みになり、もっと素晴らしい機能を見つけてください!👇 

 

ポップアップビュー

2つのボード間でアイテムを接続すると、現在閲覧しているボードから直接、接続されているアイテムの詳細が確認できるようになります。そのためには、「コネクトボードカラム」内のセルをクリックして、接続されたアイテムの右側にマウスカーソルを合わせて、「アイテムを開く」をクリックします。 

image_2.png

「アイテムを開く」をクリックすると、接続されたアイテムのポップアップ・カード・ビューが開きます。そこでリンクされたアイテムに関連する詳細情報を簡単に閲覧/編集することができます!この例では、これは非常に便利な機能で、特定のプロジェクトの詳細情報を直接概要ボードから編集することができます。ここで接続されたアイテムに加えられた変更は、元のボードにも反映されます。

CPT2104221111-1300x709.gif 

 

「コネクトボードカラム」のカスタマイズ

コネクトボードカラムの設定を通して、接続されるボードの設定と同様に、複数のアイテムへのリンクの有効化 / 無効化を選択できるようにカスタマイズすることできます。

ボードへのリンクの解除、または新しいリンクを作成する場合は、「コネクトボードカラム」のタイトルの右にある矢印をクリックして、カラム設定をクリックします。そこから、接続しているボード名の横にある「接続解除」ボタンをクリックして、接続を解除するか、青い「+ボードをもっと接続」ボタンをクリックして、新しい接続を追加します。

Screen_Shot_2021-08-02_at_12.36_1.png

同設定メニューから、ご希望であれば、複数のアイテムへのリンクの無効化を選択することもできます。この機能を無効化することで、「コネクトボードカラム」では、1つのセルに1つのアイテムしかリンクすることができなくなります。これによって、リンクされたアイテムをクリックすると、先ほどお話したように「アイテムを開く」をクリックする必要なく、ポップアップ・カード・ビューに直接アクセスできるようになります。 

CPT2108021554-1307x733.gif

代わりに、複数のアイテムへのリンクを有効にすることで、ボードに接続カラムの各セルにできるだけ多くのアイテムが接続できるようになります。🌟

 

ヒント :  「ミラーカラム」を使って接続されたボードの特定の情報をミラーリングすることで、ワークフローをもう一歩前進させましょう。詳細については、こちらをご覧ください。

 

 

ご質問がございましたら、 お問い合わせフォームを使用して弊社のチームにお問い合わせください。24時間年中無休でお答え致します!