ご質問がおありですか?

ボードの権限や制限を設定する方法

ボードの権限や制限を使って、ボードのオーナーは、ボードで変更できる情報を制御することができます。こうすることで、ボードの構成が変更されたり、カラムが誤って削除されることはありません。この機能は、外部のゲスト共有ボードを使用中に、特定の操作しか実行できないようにする場合に、特に有効です。  

 

 

 

ボードの権限を作成する方法

  • ステップ1:ボードのオーナーを選ぶ

ボードの権限を設定する前に、ボードオーナーを決める必要があります。デフォルトでは、ボードの作成者がオーナーになっています。オーナーを追加するには、ボードの右上にあるユーザーアイコンをクリックします。

1.png

オーナーに設定したいユーザー欄に、青い王冠を表示させると設定完了です。

2.png

 

  • ステップ2:権限を選択する

以下のようにボードの右上にある 3つの点のメニュー をクリックしてボードの権限を追加します:

1.png

 その後、権限センターにアクセスして、ボードに適用する権限のレベルを選択できます。 

1.png

 

注:  ボードを複製すると、ボードに設定された権限も複製され、新しいボードに引き継がれます。

 

権限の種類

ボードの権限には3つ の異なる設定があり、ハンバーガーメニューから選択することができます。では、これらの権限をひとつずつ紹介します:

  • すべてを編集

デフォルトでは「すべてを編集」に設定されています。これは、ボードをフォローしているユーザーであれば、誰でもボードの内容や構成の変更、新規アイテムの追加、カラム名の編集、ステータスの変更、アイテムのアップデートの作成を行うことができるものです。

  • コンテンツを編集

この権限は、ボードのオーナー以外のユーザーでも、アイテムの追加、ボードのステータスやセルの変更、アイテムのアップデートの作成ができるというものです。グループやカラム名の編集、ボードの構成の変更は行えません。この設定は、共有ボードを使って外部ゲストとプロジェクトでコラボレーションする場合に、カラムが誤って削除・変更されないようにするのに非常に便利です。

  • 閲覧のみ

この権限は、ボードオーナーのみにボードの情報の変更を許可するものです。オーナー以外のユーザ―は、この権限の下ではコミュニケーションを取ることしかできず、他の操作は一切できません。この設定は、顧客に共有ボードの閲覧を許可し、プロジェクトの進捗状況をシェアしたい場合にとても便利です。

  • 担当者による編集

この新しい権限はプロプラン以上で利用でき、ボードオーナー以外のユーザーに対しては、自身にアサインされたアイテムの内容の編集、およびボードでのコミュニケーションのみを可能にするものです。チームメンバーにはアサインされたタスクやプロジェクトを編集、更新することのみを許可し、また、ボードにある他のメンバーのアイテムを誤って変更できないよう設定するのに便利な機能です。

 

注: 現在、アイテムごとの権限設定は行えません。今後、そのような機能を実装する可能性があります。

 

カラムの編集を制限する方法

この新しい権限は、ボードのカラムの編集権限を制限し、編集できるユーザーを選択するものです。これは、チームメンバーとゲストが共同作業できるように、また特定の詳細情報だけを除いてボードのアップデートが行えるようにしたい場合に便利な機能です。この機能を使うと、指定したユーザーのみがボードの特定の情報を編集できるようにしながらも、チームに対して業務の透明性を保つことができます。

2.png

 

注: ロックカラムはプロプランとそれより上のプランでご利用できます。 

 

カラムビューを制限する方法

この新しい権限は、ボードのカラムの閲覧権限を制限し、閲覧できるユーザーを選択するものです。これは、同じプロジェクトを1度に複数のボードで管理するのではなく1つのボードで確認し、チームメンバーとゲストには特定の情報のみを開示するように設定する、便利な機能です。

1.png

 

ボードの権限について他にもご質問がございましたら、[email protected]までお気軽にお問い合わせください。24時間年中無休で対応いたします。